運転免許の基本的な知識と注意点

どうやって運転免許を取るのでしょうか?

免許取得の流れ

日本では18歳になると車の運転免許を取ることが出来ます。車の運転免許は、いくつか種類がありますが、こちらでは一般の車の免許を取る方法について説明していきます。
日本の運転免許は日本国内の公道で車を走らせるために必要なものです。日本の運転免許証で外国の公道を走るのは、また別の免許が必要になります。

免許は通常、教習所に通い、日本の道路交通標識や交通ルールなどの知識や実際に車を運転する実技などを学び、試験場にて試験に合格すると免許を取得することが出来ます。現代の車は非常に安全に配慮をされて作られているので、初心者の方でも比較的簡単に運転自体は出来るようになるようです。
実際に座学教習を受けた人の感想を聞くと、非常に眠くなるとのこと。しかし、分かり切っているようで案外分かっていない道路標識や交通ルール、必ず良く理解しましょう!教習所に通い卒業すれば、試験場で実技の試験は免除されますが、筆記のテストは受けなければなりません。筆記テストで落ちることもあるようですので、座学はとても重要なのです。万が一、理解不足で事故を起こしてしまわないようにしっかりと交通ルールを把握しましょう。

そして教習所を選ぶ際の注意点なのですがニュースなどでも時々流れるように、教習所の倒産などで免許を最後まで取れないなどのトラブルがあることもあるようです。後程、選ぶ際の注意点なども載せておきますね!
順調に行けば、通って勉強をする場合は約3ヶ月、合宿であれば最短で2週間前後で免許を取得することが出来ます。車をきちんと理解して、安全運転の出来るドライバーを目指しましょう。

TOPへ戻る